Meet-Meはランドマーク開発を縮小し、ダンジョン開発に切り替えた。そのため、Meet-Me東京23区の子供人口が急激に増え、夏休みはそのピークを迎える。
 大人の空間としてBARなど経営する人は、子供対策も必要となり、子供ユーザを迷惑と感じる時もあるだろう。

 現代では「子供なんだからまぁいいか ^_^」 なんて、もう古いのかもしれない。



イメージ動画:カルト・オブ・チャッキー(原題) / Cult of Chucky
2017/07/04 『チャイルド・プレイ』シリーズ最新映画作品『Cult Of Chucky(原題)』の予告編映像が公開URL


★保育園反対運動
 「保育園落ちた 日本死ね!」で浮き上がった待機児童問題。それを解決すべく社会が動き始めると、今度は保育園反対運動が浮上してきた。近隣に保育園ができることを反対する住民と、それを批判する人々。
 保育所反対の理由をまとめてみる。
  ●園児の騒音(声、楽器、音楽)
  ●送迎車交通・駐車
  ●親のマナー(近所でおしゃべり、子供の放置
  ●現在の穏やかな生活を失う(可能性がある)
  ●保育園建設の(子育て者以外への)メリットを全く感じられない(他:公園をつぶすな)
  ●自治体の住民への説明不足
  ●資産価値が落ちる
  ●育児の在り方
   子供というものは、基本的には親が家で育てるもの。子育てを社会に押し付けるな
   出産したら会社を辞めて子育てに専念すべき、会社に迷惑をかけてまで働くべきではない
  ●子供のいる環境に慣れていない・経験がない
  ●世間の保育園反対者への理解不足(和解に向けての障害)

 人は感情を損ねると意見を変えて相手を理解することが困難になる。反対する理由の最後に掲げた反対者へのバッシング。これが保育園建設の障害になっていると思う。

 保育所反対への批判
  ●保育園反対運動は周辺住民のエゴだ
  ●子供施設いないコミュニティはコミュニティーではない
  ●育児ママは働くなと主張しているのか
  ●あなたも昔子供でうるさい時期もあっただろう
  ●少子化が進めば日本が滅ぶのに何を考えているのか
  ●子供がかわいくないのかぁ
  ●反対する人たちはいろんな理由をつけながら、最終的には建設をやめさせようとする
  ●シニアの世代が反対の中心だ
  ●待機児童問題解決を邪魔をするなぁ
  ●説明会では反対派の態度が悪い
  ●心が狭い
  ●プロ市民も入っている
 
 ベビーブームには生じることのなかったこの議論が、少子化の時代に初めて話題になるのも興味深い。保育園建設問題の解決には、まずは互いの理解を深めるためにも、喧々諤々と議論すべき必要があり、今がそのチャンスだと思う。どう転んでも、保育園が必要であることに変わりはない。


★道路族問題
 道路(車の通らない路地も含む)で大騒ぎして遊ぶ子供たちは社会の迷惑行為なのか?子供にとって危険行為なのか?
 こちらも騒音問題、そして、道路周辺住民への迷惑行為、また、子供を危険に晒しているのではないかという道徳的な考え。

悪気は一切ナシ!? 子供を道路遊びさせる『道路族』の主張とトラブル例URL

 今の子供たちには外で遊ぶ場所がない。だからスマホ・プレステがあるだろう、インターネットがあるだろうと言う大人はいないくせに、外で遊ぶ場所を増やそうともしない。どっちかにしろ。
 Meet-Me来たらいいのに ・_・、(MMでも子供問題は少なからずあるw)


★公共での子供の迷惑行為
 ●子供の泣き声が不快・辛い・イライラ
 ●親子に「うるさい!」と言うのは非常識なの?
 ●公共交通機関でベビーカーを折りたたまず乗車するのはマナー違反
 ●ホリエモン 新幹線や飛行機で泣く子供には睡眠薬を飲ませるべき ←炎上
 ●「子供の泣き声はNG」カフェ
 ●近所の店「小学生未満の子供の入店お断り。大声出したり、走り回ったり他のお客さんに迷惑だから」この対応は当然だとの声
 ●さかもと未明、搭乗中泣き叫ぶ乳児にブチ切れ←炎上
 ●キンコン西野 イオンモール劇場「子供が泣きだしたらロビーへ」←炎上
 ※子育て親子に厳しい意見は炎上する。炎上するものの、一切批判をしてはいけない時代からはひとつ踏み出している。

★よその子叱責の是非 OR 可否
 かつて子供の迷惑行為は日常であり、それに迷惑したら大人は叱ればよかった。が、現代では他人の子供を叱って良いのであろうか。

2013/4/20 他人の子は叱るべきか、叱らないべきか?URL
 子どもが叱られた後は、親がきちんとフォローしてあげましょう。そうすれば社会性と社会常識を正しく学ぶことができ、他人から叱られることは子どもにとって一石二鳥の財産になるのです。

2017/07/09 マナー違反する他人の子供を「叱るべき」か否か、結果は圧倒的URL
「マナー違反をする他人の子供を叱るべきかどうか」──女性セブン読者の男女422名にアンケート調査を行ったところ、86.5%が「賛成」つまり「叱るべき」と回答した。

 道徳的、社会通念上は悪いことをしているなら、よその子でも叱るべきというが、その行為はそれなりのリスクもある。また、叱ることを是とした人々も、それは「悪い事」判断が正しく、「叱り方」が適正だという条件付きのはずである。その正しい叱り方ができる人々はどれくらいいるのでしょうかw
2012/08/23 店内で走る子供を怒鳴る店員は失格だ! 「無印良品」批判ブログが大炎上URL
店内で走る子供に「走るな」と叱責した店員は接客業としては失格である。← 炎上!


2016/11/16 親と揉めそうで怖い?他の子供を叱るときの基準と注意点7つ!URL
1・反論もできないで、黙ることはよくない。自分の子供に示しをつける意味でも、他の子供でも叱るべき。
2・押す、引っ張る、突き飛ばすなど、ケガに繋がる行為。
3・「みんなが迷惑だから」ではなく、あくまでも「私が迷惑だから」を基準にする。
4・ピンポイントで、その行為だけ叱る。
5・一喝して、説教しない。
6・教育方針には、口を出さない。
7・現行犯で捕まえて、叱る。
※メンドクセー 叱るって難しいじゃないか
 2017/02/09 【子育ての科学】子供を「叱る」のは意味がないって知ってた?URL
※叱るのもダメなのか! こんなんならその子の将来なんてどうでもいいわ。黙っとく
『怒る』と『叱る』の違いで子供の育ち方が変わることを表現した動画が話題にURL

それでも、子供の安全の為に、注意してあげる善意の人々は存在する。

●大人が子供に注意するという事案が発生しました!
2013/03/21 女子児童に「もう家に帰り」と老人が声をかけ、帰る児童をその場から見守る事案が発生URL
2010/12/02 小学生児童7人が遊んでいたところ、徒歩で近づいて来た男が、「こんな所で遊んでいたらあかん」と声をかけた事案が発生URL
2007/05/09 学生低学年の女子が、見知らぬ男から「こんなところで、うろうろしてたらあかんで。」と声をかけられるという事案が発生

不審者扱いまでされて誰がよその子を叱るね~ん!

☆答え、子供の迷惑行為は叱れないので、社会で子供を排除(公共機関・カフェ・道路)した場所を作りましょう!
まぁ、なんて素敵な国なんでしょうって、現状を否定しているわけではないが、誇れる状況とも思えない。しかし我が国の子供の現状はどうしてもそうした方向に流れていく。宗教に敬虔な国ならば、「私が許しても神が許しません」って他人の子供を教育することができるが、日本はそうもいかない(神ってどの神やねん。八百万神ってどんな神?)。

 
★統計 子無世帯
 子供迷惑拒否! ← 子育てって大変なの知ってるだろう! ← (子育て)知らんわ!お前の勝手だろう!

 未婚・晩婚化が進み、結婚も出産も個人の選択肢となっている現代。当然少子化もすすんでくる。誰しも少子化は問題だといいつつ、子供を産まないライフスタイルを否定する者はいない。

児童の有(児童数)無別にみた世帯数の構成割合の年次推移
1-3a (1)
厚生労働省 児童のいる世帯の状況URL

児童のいる世帯は全体の25%程度。昭和61年の46%と比べれば激減である。
子育てへの理解不足はこれだけではない

生涯未婚率の年次推移
gzh1-1-06

konasi
国勢調査による最近の有配偶無子女性の動向 総務省統計研修所【URL

2016/03/31 生涯子供を産まない女性の割合をデータをもとに算出してみたURL
16.3パーセント前後が生涯1人も子供を産まない女性の割合ということになると思います。

 こうした生涯子無人口の増加は、現在子育て中(世帯率25%)を尊重・優遇すべきという意識の低下に繋がってくる。
 妊婦や子連れ夫婦に優しくする時代は終わってきているのかもしれない。彼らが子育てで大変なのは、彼らの選んだ道なのだから。そうした社会の流れは、子供を持つ親により一層の責任を負わせる事になるだろう。
2015/05/02 責任放棄はダメ!「子どもの迷惑行為」で周りから反感を買いがちな親のNG態度とはURL
■子どもの迷惑行為。「うるさいなあ」と思われているの?
■子どもではなく「親」を見て腹を立ててる!?
■多くの人は「子どもの迷惑行為」を許せる!?


 保育園を拒否し、公共機関から子供を排除し、子供は他人に迷惑を掛けない(つまり他人の近くで遊ばせない)ようにいたしましょう。
 そんな日々子供に厳しくなる日本社会はますます少子化の道へ突き進んでいく。それがどんな結果をもたらすかは誰もリアルに感じている人はいないのかもしれない。私もわかんない。

 少子化の限界まで進み、困ってから考えていきましょう。その時、あ~やっぱり子供作っておくんだったwって、日本民族が反省したら、少子化は解決されるでしょう。
SID0026421
映画『デンデラ』
 あら、けっこういい社会かも。。。

 って、Meet-Meで何気なく抽選所回ってる時に、思いついたんで書いた ・_・、
 夏休みの日記ブログキャンペーン