ブログネタ
meet-me 22軒目 に参加中!

BGM:月光 鬼束ちひろ 
「怖い絵」展URL】 
kowaieten
◆怖い絵展とは?
ドイツ文学者・中野京子が2007年に上梓した『怖い絵』は、「恐怖」をキーワードに西洋美術史に登場する様々な名画の魅力を読み解く本としてベストセラーを記録し、多方面で大きな反響を呼びました。
同書の第1巻が刊行されてから10周年を記念して開催する本展は、シリーズで取り上げた作品を筆頭に、「恐怖」を主題とする傑作を選び出し、テーマごとに展示します。視覚的に直接「怖さ」が伝わるものから、歴史的背景やシチュエーションを知ることによって初めて「怖さ」を感じるものまで、普段私たちが美術に求める「美」にも匹敵する「恐怖」の魅惑を余すことなく紹介する、今までにない展覧会です。
■兵庫会場
会期:2017年7月22日(土)~9月18日
会場:兵庫県立美術館

■東京会場
会期:2017年10月7日(土)~12月17日(日) 
会場:上野の森美術館
 
2017/05/22 「怖い絵」展が兵庫&東京で開催 - 約80点の西洋絵画・版画における“恐怖”を紐解くURL
2017/05/28 断頭台の女王、魔性の女、漂流船の死体……絵画の裏側を想像して恐怖する「怖い絵」展が開催URL
中野京子著書シリーズ『怖い絵』Amazon


《レディ・ジェーン・グレイの処刑(1833)》 by ポール・ドラローシュが観れる!
Jane_Grey
もう書いちゃった。。。
参考)2016/06/02 ジェーン・グレイが処刑されるまでURL】 by たかしゅん

 反逆罪で斬首刑に処されたジェーン・グレイ(17)、中野京子著『怖い絵 3』にはもう一人斬首刑に処された美しい女性がいる。ベアトリーチェ・チェンチ(22)は尊属殺人の罪で処刑された。


ベアトリーチェ・チェンチの肖像(1599) by グイド・レーニが読める!
(怖い絵展では観れん)

Cenci_02

 何とも表現しがたい表情であり、これが処刑直前(ターバンは斬首時に髪の毛が邪魔しないため)となれば、彼女のうつろな視線やうっすらと笑みを浮かべたようにも見える口元がなんとなく理解できるような気になる不思議な絵である。
 全ての望みを断ち切られ、数奇な運命に身を任せ、涙も枯れ果てた悲劇のヒロイン、ベアトリーチェ・チェンチ。そんな彼女は本当に美しい。

★ベアトリーチェ・チェンチ像
 ○14歳から父親フランチェスコ・チェンチに性暴力を受け続けた。
 ○資産家で権力もあった父は猟奇的事件を起こしても放置されつづけた(賄賂と保釈金で釈放)
 ○法王への嘆願書も届かず、軟禁され抗う術を失った彼女は義母・兄弟と共謀し父を殺害
 ○当局に捕まり屈辱的な拷問を受けるが、彼女は口を割ることはなかった
 ○彼女の尊属殺人は正当防衛だと市民が騒いだが、ローマ教皇クレメンス8世はチェンチ家の財産没収を目論見、死刑を言い渡す。
 ○彼女は毅然と断頭台に上り、処刑される。


 絵画はその背景を知ったうえで鑑賞すると、その絵が訴える印象は大きく変わる。それは絵画の鑑賞ではなく、感情移入したリアル彼女自身を見つめる事になる。
 彼女に対する同情と同時に父親フランチェスコ・チェンチへの怒りも湧いてくる。こうした感情は女子高生コンクリート詰め殺人事件を例にネットで見ることができる。一般人がその悲惨な事件を知った時点で、その犯罪者への怒りをネットにぶつけてくる。


★ベアトリーチェ・チェンチの悲劇
年表(クリック)
参考)ベアトリーチェ・チェンチ 16世紀ローマの悲劇 ノルベルト・ヴァレンティーニ著URL
参考)小説「チェンチ一族」(スタンダール著=1837年作)URL



★ベアトリーチェ・チェンチの肖像
 さまざまな画家が彼女を描いている。グイド・レーニの作品がオリジナルと思われ、同じ顔をしている。模写を除いていくつか紹介したい。


AN00372263_001_l
《(監獄に向かう)ベアトリーチェ・チェンチ》1858
ポール・ドラローシュ 
※光が当たっているベアトリーチェの左奥にいる女性が彼女を睨んでいる。ドラローシュは誰を描いたんだろう。参考【URL



Achille Leonardi
《刑務所のベアトリーチェ・チェンチ》
アシール・レオナルディ(Achille Leonardi  1800–1870)



WOA_IMAGE_1
《ターバンの少女の肖像画 Portrait of a Girl in a Turban》
マルカントニオ・フランチェスチーニ(Marcantonio Franceschini 1648-1729) エルミタージュ美術館




ginevra-cantofoli
《女》ジネブラ・カントフォリ(Ginevra Cantofoli 1618 - 1672)ポンツォーネ美術館




The_Girl_With_The_Pearl_Earring_(1665)
《真珠の耳飾りの少女 1665》
ヨハネス・フェルメール

※モデルの少女が誰なのかなど、一切の記録はなく不明。また、青いターバンも当時のオランダにはなく、グイド・レーニの作品に影響されたのではないかという説もあるが、いずれも想像の域をでていない。(様々な説あり)
 KIRIN~美の巨人たち~URL
フェルメール・真珠の首飾りの少女・青いターバンの少女URL


いずれにしろ彼女が美しいのは、私たちがリアルな彼女を見ているからである。